Blog

一生の宝物にしたい結婚式にするためには…何をすればいい?

結婚式は二人の門出を祝う

結婚式したい、それは皆が想っている事でしょう。しかし、それは相手がいてのこそです。結婚式までに色んな事をしないといけないでしょう。前日まで準備が必要ですし、一生の宝物にするためには入念の準備が求められます。新郎新婦とも仕事しながら準備するので、時間があまり多く取れないのが現状です。ドレスを着れるだけで十分と考えている新婦ですが、基本的には新婦の方が式の主役のような気がします。新郎は準主役の位置ですよね。

結婚式を盛大に?地味に?

年々結婚式を開催する規模が小さくなっているような気がします。一昔前なら、親族だけでなく会社の同僚など友人も含めて盛大に行われていた気がしますが、今は会社の同僚や友人も入れずにごく少数、親族のみで開催する新郎新婦も増えています。結婚式自体を全くしないで結婚するカップルも存在します。考え方はそれぞれ違いますが、結婚式はそう何度も自分が行えないでしょう。一生に一大イベントである事に変わりないですよ。結婚式出席は今後何度かありますが、やはりいつ見てもいいですよね。

二人を祝ってくれるなら

結婚式を開く、それはけじめでもあります。結婚する事は、お互いが人生の最良のパートナーと認め合った瞬間でもあります。そこに出席しただけでも誇りに思いますよね。後は二人の門出を祝いましょう。結婚式は決してゴールでもないです。スタートなので、ここから二人の夫婦としての生活が待っています。結婚式が終わるまでは、籍を入れていても他人のような気がしてならないです。式が終わって、皆に祝って貰った後は二人で協力し合って同じ道を歩むだけです。

お台場の結婚式場は、都心の中でも海を一望しながら結婚式ができるロケーションの良い場所です。同時にビル群や空も楽しめます。