Blog

結婚式の形態は様々で費用を少なく収める方式ーその3選

ウエディングの写真を撮るだけの結婚式

できちゃった結婚や費用を極力抑えたい若いカップルには、結婚の記念として写真だけは残しておきたいという、ウエディング結婚式もあります。一般的には結婚式の準備といえば、一年前から式場や案内状、招待者の選択、食事や引き出物の打ち合わせなどがあります。結婚式までは、時間のかかるものですが、そのような手間は一切必要ありません。女性にとって、ウエディング姿は一生の記念になりますので、撮影所に行けばさまざまな衣装から選ぶことができます。費用も格安で5万円もかからずに可能です。

家族や知人だけの少人数の結婚式

昔と違い結婚式に仲人を立てることは少なくなりました。また、会社に勤めていても、会社の同僚や上司に招待状を出すことも少なくなりました。以前は、会社勤めをしておれば結婚式に、上司を招待しないということはあり得ないことでした。そのような仕来りから解放されて、今は両親と親しい人たちだけに集まってもらい、結婚式を上げるカップルが増えております。また、このような少人数形式の結婚式場も用意されおり、費用も安くできるようになっています。

海外リゾート地で行う結婚式

海外のリゾート地で行う結婚式は、費用がかかるように思いますがそうでもありません。若いカップルが東京で知り合い、両親・親戚が両方とも遠方の場合、結婚式場に集まるとなると大変なのです。現代は、国内旅行を飛行機や宿泊費を見積もると海外よりもかかります。二人の新婚旅行も合わせて、リゾート地での結婚式は、両親・親戚一同をパック旅行を含めて海外で行えば、海外旅行を経験したことのないお年寄りには良いチャンスになりますし喜ばれます。

福岡の結婚式場では、パティシエを採用している結婚式場があるのでキャラクターのケーキを作成してくれます。