Blog

男らしくズバッとストレートに婚約したい意思を表現しよう

あらかじめプロポーズのセリフを決めておく

やはり事前にプロポーズの言葉を考えておくことは非常に大事ですよ。いざプロポーズをするときになって、なんていえばいいのか分からなくともぞもぞと言われたら、相手のテンションはガタ落ちになってしまいとても婚約をしたいという気持ちになってもらえませんよ。そのため、あらかじめプロポーズの時に言ったほうがいい台詞をリサーチして準備をしておくことは最低限必要なことです。あらかじめプロポーズのセリフを決めておくことで、ズバッと迷わずに男らしくプロポーズができるんですよ。

絶対に幸せにするときっぱり言う

なるべくならば婚約して欲しいと弱気な言葉で言うよりも、絶対に幸せにするときっぱり言ってくれる人のほうが結婚したいという気持ちになるものなんですよ。やはり結婚したいとプロポーズをされて嬉しくない人はいません。そのため、きちんとした方法でプロポーズを伝えると失敗する可能性は低いですよ。やはり、結婚して欲しいとストレートに言った方が女性ははいといい返事をする可能性は高いものです。俺についてくると必ず幸せになれるぐらいの勢いが必要です。

はっきり素直な気持ちを伝える

プロポーズの時には駆け引きをする必要はまったくないので、はっきり素直な気持ちを伝えることをこころがけるといいです。プロポーズの返事が即答でないケースや、何か悩んで時間がかかりそうな時は、無理はせずに返事は今でなくてもいいとという言葉をかけると相手の気持ちが楽になります。婚約できるまでに時間がかかっても、あきらめる必要はなく、努力をし続けることが必要です。また、あきらめるとはっきり相手に伝えると逆に相手の方から婚約したいという気持ちが湧いてくることもありがちですよ。

エンゲージリングとは婚約指輪のことで、一般的に男性が、結婚の証明として女性に贈る指輪です。ヨーロッパでは古くからの習慣ですが、日本で普及したのは1960年頃と言われています。